酵母クッキーの作り方。

自家製酵母とはちみつで作ります。トッピングシュガーで飾ってキラキラにしますよ。ちょっとした贈り物にも最適なのでぜひトライしてください。

自家製酵母はルヴァンリキッドを使用しましたが、どんな酵母でも作ることができます。水分量だけTA200(粉と水分=1:1)に合わせてください。固めの元種を使用される場合は、牛乳やプラントベースミルクなどで調整してください。

食感はざくざくです。グラハム粉のおかげです。代わりにナッツパウダーなどをくわえるともう少しさっくりすると思います。お好みでいろいろ試してみてください。私はこのざくざくが大好きで、グラハム粉が定番になりました。

ルヴァンリキッドの捨て種消費にもとても便利なレシピですよ。

木琴堂チャンネルでは長野県【安曇野養蜂苑】のアカシアはちみつを使用しています。

■YouTube

■酵母クッキーの材料
—-約60枚分

・バター 100g
・きび糖 85g
・はちみつ 30g
・塩 2g
・ルヴァンリキッド  120g
・薄力粉 300g
・グラハム粉 60g
・ホワイトチョコレート 80g
・クランベリー 100g
・トッピングシュガー 適宜

焼成
予熱180℃
焼成160℃で20分

ルヴァンリキッドはその他の酵母で置き換えることができます。粉と水分の割合を1:1に調整してください。

焼成温度はお持ちのオーブンに合わせて調整してください。

チョコチップクッキーの場合

ホワイトチョコレートとクランベリーの代わりにチョコレートチップ160gを加えます。

■酵母クッキーの作り方

フローチャート

クッキー作りの流れをざっとさらいます。おおよその時間割です。

計量・下準備(5分)

材料混合(5分)

成形(5分)

冷蔵発酵(3時間〜5日間)

仕上げ成形(5分)

焼成(20分)

完成!

あくまでも目安です。要所、要所で、生地の温度や質感を見極めてください。

下準備

バター

バターを常温に戻します。

粉類

薄力粉をふるいます。

クランベリーとホワイトチョコレート

クランベリーとホワイトチョコレートを刻みます。

1

バターときび糖を合わせて軽くホイップします。

ルヴァンリキッド、塩、はちみつを加えてよく混ぜます。

2

粉類を加えざっくりと混ぜます。さらにホワイトチョコレート、クランベリーを加えて、ひとかたまりになるまで混ぜ、4分割します。

3

直径3cmくらいの筒状に成形します。冷蔵庫で生地を休ませます。

発酵時間はお好みで3時間から5日ほどで調整してください。水分量が低いのでさほど食感に差は出ないかと思いますが、日をおくほどに軽くなるはずです。冷凍する場合はかなり日保ちするとは思いますが、自己責任で保存してください。

4

生地の側面にトッピングシュガーをまぶして、5〜8mmの幅でカットします。

オーブンシートに並べて焼成します。

焼成
予熱180℃
焼成160℃で20分

■参考書

増沢恵子著(2005)『天然酵母でつくるお菓子』文化出版局

今回のレシピでは、この書籍にダイレクトにお世話になったわけではないのですが、私の酵母スイーツのベースはここにありますので記しておきます。使用している酵母はホシノです。ホシノを自家製酵母に置き換えたら……と脳内変換しながら読んでいます。

この本が好きすぎて、いつもキッチン台のそばに置いてます。知らない素材や名前がたくさん出てくるので、決して作りやすいわけではないのですが、トライしてみたものはどれもたいへんおいしいです。初心者さんには難しいかもしれません。私にも難しいです。さっぱりわからない素材が出てきたりします。製パン、製菓の中級、上級のかたには素敵な指南書になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です